包茎ってまずい?それともそのままでもいける?

包茎には2種類あるぞ!

包茎には2種類あって、真性包茎と仮性包茎です。まず真性包茎は、簡単に説明すると、常に皮を被った状態で、性行為ができません。そのために余分な皮を切除する手術が必要となります。手術は、入院の必要もなく、一日で終了しますが、術後は、亀頭部分が露出しているために肌着との擦れによる痛みが発生します。馴れるためには、1か月ぐらいはかかるようです。馴れてくると痛みもなくなるために性行為も出来る様になってきます。

仮性包茎の油断は禁物です!

仮性包茎の多くは、性行為も行うことができるために特に手術などの問題はありません。ただし仮性包茎の中にも、完全に皮が剥けない状態の場合は手術が必要です。また仮性包茎の場合は、常に皮が剥けているわけではないために、亀頭部分が匂うことがあります。常に清潔に保つ必要があります。不衛生のままでの性行為は病気の原因にもなります。実は、日本人の多くが仮性包茎と言われているために女性も仮性包茎の場合は、そんなに気にしていないのも現状です。

包茎でも仮性包茎であれば心配なし!

日本人の多くが仮性包茎と言われているように、隣の男性も包茎の可能性が多く考えられます。なので悩む必要はありません。性行為時においては、女性もわかっていることなので、気にする人は少ないようです。ただし、マナーとして、常に清潔に保つことや、性行為での挿入時においては余分な皮を巻き込む可能性があるために注意が必要です。気にしないと相手に負担がかかってしまいます。真性包茎の場合は、早めに手術をすることをお勧めします。

包茎は治療をする事で治す事が出来る症状です。そのまま放置している事で正常な性行為などが行えない場合もあります。