辛い腹痛の種類、あなたはいくつ共感できますか?

おなかが緩くなる下痢を招く腹痛

最もよく怒る腹痛はやはり、下痢をしてしまうおなかが緩くなる腹痛ですよね。腹痛はつらいですが、この種類の腹痛は特につらいですよね。下痢は体の水分も奪っていきますし、かといって水分を摂取するとまた下痢をしてしまいます。おなかが緩くなってきて、おなかが鳴り出すタイプの腹痛はこの種類ですね。下痢止めの薬は非常に多く販売されているので下痢しやすい人は持ち歩いておくといいでしょう。重要な時に下痢になったら困りますし、緊張する場面ではしばしばそういう場面に遭遇するものです。

おなかがぴりぴりする腹痛

次に紹介するのはピリピリとして、どちらかといえばおなかが硬くなるようなタイプの腹痛です。下痢をするタイプの腹痛はおなかが緩くなりますが、この腹痛は逆です。おなかが硬くなるイメージです。またこの腹痛は下痢はしないことがほとんどです。ピリピリとした痛みはおなかに電気が走っているような痛みです。これは下痢止めの薬ではあまり効果がありません。腹痛の薬はいろいろとありますが、自分に合ったものを見つけることが大切です。

おなかを押されているような腹痛

これはどちらかといえば下痢をするタイプの腹痛と似ているかもしれません。おなかを押されているような痛みを持つ腹痛です。おなかが押されているような痛みはやがておなかを緩くして下痢の症状を誘発します。下痢をするときにこの痛みを感じる人もいれば感じない人もいるのではないでしょうか。この痛みが来るとすぐに下痢がやってきます。下痢のサインともいえる腹痛だと思います。皆さんも一度は感じたことのある人が多いのではないでしょうか。

むちうちの治療は、整骨院や整体院などで受けることができますが、効果については各店舗のスタッフの技量にも大きく左右されます。