女性がなりやすい性病について知りましょう!

女性がなりやすい性病カンジダ真菌症

女性がなりやすい性病の1つとしてカンジダ真菌症があります。症状としては強いかゆみがあり、おりものがカッテージチーズやヨーグルトの様になり膣口や陰唇がただれたりします。原因としては体調不良、過労、ストレスや月経前、妊娠中、抗生物質の大量投与、性交渉による感染があります。治療としては膣剤の挿入、抗真菌薬の軟膏を塗る、膣洗浄などがあります。決められた期間治療をしないと再発の恐れが大きいのできちんと完治するまで治療が必要です。

女性がなりやすい性病トリコモナス症

女性がなりやすい性病の2目としてトリコモナス症があります。症状としては膣炎、尿道炎などになりやすく、悪臭を伴う泡だったおりものや性行時・排尿時に不快感が出るようになりますし、かゆみが強く、痛みもあります。原因としては尿生殖路の感染症なので性交渉によってなる場合やトリコモナス症の人と同じタオルを使用した場合でも感染する場合があります。治療としては膣剤の挿入や薬の服用にて治ります。コンドームの使用で感染を防ぐことができます。

女性がなりやすい性病クラミジア感染症

女性がなりやすい性病の3つ目としてクラミジア感染症があります。症状としてはほぼ分からない場合が多く、水っぽいおりものがでたり、少量の出血がありますし、尿道や膀胱に菌が入ると膀胱炎症状がでます。炎症がお腹まで拡がると腹痛や発熱がでます。原因としては性交渉での感染で起こります。治療としては抗生物質を服用する事で治りますが、炎症が強く腹痛や発熱がある場合には点滴治療も必要な場合があります。パートナーがいる場合には2人で完治させることが必要です。

性病を治療するには、街中の泌尿器科や婦人科などの医療機関を利用して、適切な薬物治療を受けることがポイントです。