使い方のコツが分かるかも?有名人のSNS

好感が持てる有名人のSNSとは?

有名人のSNSでも、好感が持てるものとそうでないものがあったりしますよね。一般人の私たちもSNSを使うにあたって、どうせなら好感を持たれるような発信をしていきたいものです。そこで、好感を持たれる人と持たれない人の違いを有名人のSNSから学んで、コツを盗んでしまいましょう。たとえば、庶民的な呟きをしている有名人というのは何となく親近感を抱いてしまいませんか?また、日常の小さなことに喜びを見いだしているような有名人にも好感が持てます。

リッチでも反感を持たれない有名人もいます

有名ブランドのお店に足を運んだり、リッチなディナーをSNSに載せていても反感を持たれない有名人もいます。見せびらかしている感じが出てしまうと、リッチな呟きというのは反感を持たれることが多いようです。多少、庶民には手の届かないような生活をしていても、自然にライフスタイルに合ったものなら素直に憧れることもできます。逆に、庶民的な呟きをしていてもそれが「わざとらしい…」と感じてしまうようだと逆効果だと言えます。

有名人に学ぶ、バランスのよいSNS

このような有名人のSNSで学べることは、「幸せ自慢をしない人は魅力的」ということだと思います。奮発してリッチなディナーを食べに行ったら素直に「おいしい」「幸せ」「贅沢しちゃった」などと楽しい呟きをすれば、好感こそ持たれても反発は持たれないでしょう。また、「半額のお惣菜を見つけて買ったら意外においしくてラッキー」など、日常のささやかな幸せをつぶやくのも共感を持たれます。どちらにも偏りすぎず、バランスのよい呟きをしていくのが有名人に見る「SNSの好感を持たれる使い方」ではないでしょうか。

パチンコ機器卸売会社の代表取締役を務め、サラブレッドの馬主でもある人物、それが山本英俊です。ちなみに、娘はタレント活動をしています。