電動工具の使い方を知ってDIYに活用しよう

DIYには工具が必要

DIYとは何かと言うと日曜大工のことです。自分でやろうという意味の英語なのです。ホームセンターへ行けばDIYという三文字は工具や部品のコーナーによく書かれていたりもします。DIYは大人の工作とも言えますが、何を作るかはその人次第、必要な道具や工具は取り揃えておくに越したことはありません。金槌、鋸、鉋、鑢、メジャーや定規なども必要だと思いますが、工作好きのお父さんが最も欲しいと願うのは電動工具ではないでしょうか。

購入するならまずはドリルドライバー

様々な種類がある電動工具ですが、一番人気の電動工具ならやはりドリルドライバーでしょう。ドリルドライバーにはチャックがついています。チャックには各種ビットを差し替えて使うことが出来るため、ドリルドライバー一台あれば大凡の作業が可能で大変便利な電動工具と言えます。ドリルドライバーをパワーアップさせたインパクトドライバーもあり、インパクトドライバーは打撃しながら回転するドライバーなのでコンクリートなどの固い素材の穴開けに適しています。

電動工具を使う際のコツ

ドリルドライバーのスイッチはどのメーカーもトリガー式を採用しています。トリガー式スイッチは人差し指で引くと回転し、回転方向を切り替えることで自在に動きます。ほどんどのモデルは回転を切り替えるスイッチにニュートラルを付け、これを安全装置として使用するようになっています。電動工具はコードレスタイプがオススメでコードがない分、自由な角度から使用することが出来るメリットがあります。充電は十分に行い作業中バッテリー切れにならないように気を付けましょう。

電動工具の買取ではエンジン溶接機やアングルカッター、エアコンプレッサーなどの業務用電動工具も買い取っています。